翼の歴史(正)

 

1998年ごろから使用した翼を一覧にしてみました。ホームページが立ち上がったころからなのでまだ最近のものが多いです。

毎年毎年新しく最新の翼に乗れるのは最高に贅沢です。スポンサーのAerotact社さまさまです。

1998年
撮影場所は茨城県のエアーパークCoo
初代ブーメランで色は黄色でした
なかなか乗りやすいキャノピーだったけど大会の結果はいまいち・・・
2000年
ミレニアムな時代でした。
ブーメランの完成度が高くなってさらに進化した感じでした。色が白・赤で日本らしい配色で結構気に入っていました。
ブラジルのワールドカップにチーム全員で挑みCooの神山さんが女子で優勝した。なかなか感動的でしたよ。

2001年
ブーメランに乗るパイロットが多くなり、チームリーダーが見分けにくくなった。
遠くでもすぐにわかるように黄色をベースとした色を使用し始めました。ハーネスもこのころから変化してきました。

2002年
やっと結果が出せるようになったころです。
フランス選手権では、国際大会で初めてタスクトップをとり、メキシコでは団体戦で優勝した。
キャノピーのサイズをMからMLに変えました。
2003年
ベースの色が、グレイっぽい色になった
乗り味も進化してよくなりました。
ハーネスはハイアドベンチャーのレースを使っています。このハーネスは4年ぐらい乗りました。
2004年
やっぱり遠くから見える翼のほうが良いということでオレンジになりました。
ゼッケンは、1番と24番をつけました。
ワールドカップ最終戦では2本タスクトップとるなど成績のほうは実によかった
俺のキャノピーが世界で一番速いとかうわさされるぐらいでした。本当はそんなことないと思いますが。。。
2005年
3代続いたブーメランは究極に進化しました!
いままで以上にいいフィーリングで飛ぶ翼になった。デザイナーとテストパイロットの努力の賜物です。

 


[ホームへ]