セルビアにて (6月30日から7月2日)

7月1日

セルビア生活2日目
朝6時に目が覚めでしまい、朝の散歩をする。
朝の香りとともに鶏が鳴く。
道は狭く、舗装されているがでこぼこ道。

テイクオフまではトラクターに牽引された荷台にのって1時間、ガタゴトガタゴト揺られていく。

エリアは、テイクオフは広いのに、ボトムはブドウ畑が多く降りにくい。
山は複雑である。谷は入り組んでいるし、中途半端に山が点在する。
どんなレースになるか想像しにくい。宮田さんとの話で、平野の上を飛んでいくセオリーで行くことになった。

実際に飛んでみて、台地の上はサーマルが多いが、谷の上など落とし穴があることも同時に確認できた。



1時間ぐらい飛んだところで、南の空が怪しくなってきた。

巨大な積乱雲が発生した。

距離は十分にあるが、積乱雲と判断するのに時間がかかった。
まず、高層雲が張り出してきて、通常なら曇りと思うところだが、放射状に近い形で高層雲が広がっているように見えたので(これは積乱雲の雲頂が拡散している状態)降りることにした。あと一時間ぐらいはもちそうだったが、不安がある中飛びたくないからおりた。

ともあれ、飛べたのでよしとしよう。









ランディングした後、トレーニングをやって、シャワーを浴びたころに夕食となった。

赤い顔したおじいさんがワインの話をしている(らしく)
蔵に案内されて樽からワインを抜く作業をやった
これが傑作である。孫のマルコのキャラクターがナイス!

ワインを樽から吸い出しています。
ちなみに5回目のチャレンジです。
酔っ払ってキター!
おじいさんがこうやるのだとやって見せました。
どうだ、坊主、やってみるかとおじいさん でへー、とやるマネをやっているのに後ろでおじいさん、大喜び!!

本当に、フレンドリーな人たちだなぁ。

7月2日
今日は、朝から雨で近くの町「Nis」へ両替とお買い物に出かけた。

7月3日
大会初日も朝から雨。明日から良くなるそうだ


[ホームへ]